DSC_0862CP_Text_cuisine

食への信頼が問われるようになる以前から、クリスタルインターナショナルでは食材に対する確固とした姿勢を貫いています。
外部業者によるカットを終えたものを仕入れるのではなく、婚礼までの時間をたっぷりと食材の下ごしらえにあてています。
例えば肉類も、かたまりで仕入れたものを、筋や余分な脂を取る作業から始め、ひとり分ずつ式場内の厨房にてシェフがカット。形を整えるために用いられる結着材などの添加物も使用していません。

シェフがひとつひとつ丁寧に仕上げてゆく、それはすべての工程において、私たちが守り続けているこだわりです。
white_bar-01
DSC_4012ASA_4382ASA_4234

キッチン郎婦CP_text_03

かつて婚礼料理は出来立てを出すことができず、美味しさが伝わる温度など考えられていませんでした。
そこに疑問を持った私たちは、さきがけて「温かいものを温かく…」と料理を適切な状態でゲストの皆様に提供するための取り組みをつづけています。
パーティ会場に直結した厨房で提供前に仕上げる、そうしたことで、お客様からお料理の味にはご好評をいただいています。
新しい会場ではオープンキッチンを備えるなど、私たちの取り組みは進化。シェフがお客様方のお料理の進み具合を確認しながら、見える場所で調理する。

本来、当たり前であることを当たり前に行う…それが私たちが大切にしている姿勢です。